デスクトップ一体型とセパレート型

デスクトップ一体型とセパレート型

PCを大きく2つに分けるとすると、デスクトップ型かノート型か、
になりますが、今回は家族用なのでデスクトップ型の購入です。

デスクトップ型をさらに2つに分けると、
デスクトップ一体型とセパレート型に分かれます。

一体型だと省スペースで済むのですが、値段が少し高くなるのと
ディスプレイだけ、あるいは本体だけ買い換えるというのが
できないのがデメリットです。

セパレート型はその逆で、ハードディスクとディスプレイが
分かれているのでスペースを取ることがデメリット、
値段が安くなるのと本体だけの買い替えで済むのがメリットです。

今回はお金の制限はそんなにキツくなかったので、
あとは見た目の勝負!になりました。

結果から言いますと、セパレート型の勝利。
ディスプレイのサイズが20型ワイドだったり15インチだったり、
微妙に使いにくいサイズのものしか無かったので、断念しました。

どちらにするかは、目的に合わせて検討する余地があると思います。


タグ:魔改造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。